スプレッド

スプレッド

現在多くのFX会社は、取引手数料、口座維持手数料を無料にしています。FXブロードネットも、取引手数料は0円に設定されています。

 

FX会社の利益は、スプレッドで確保しています。スプレッドとは、投資家が売りたいときの値段と、投資家が買いたいときの値段の差のことをスプレッドと言います。

 

簡単に説明すると、投資家が米ドル/円を買い、その瞬間売りに出すと、買値より安い値段でしか売れないことになります。この差がスプレッドで、投資家は最初からリスクを負って投資することになります。

 

スプレッドは通常安いことを狭い、高いことを広いと表現しますが、FXブロードネットはスプレッドが狭い会社の一つです。米ドル/円で、0.5銭から0.9銭、ユーロ/円の場合0.9銭から2.3銭で取引することが出来ます。

 

投資金額により、差はありますが、スプレッドの極めて狭いFX会社と言えます。狭いことは、投資家が最初から負うリスクが少ないことを意味しますので、FXに投資するには、非常に重要な要素になります。

 

0.5銭の場合、0.5銭以上の幅が出れば、利益を確定出来ることになります。FXの比較サイトなどを見ても、FXブロードネットは、スプレッドの狭い会社ランキングで、上位になっています。FXは米ドル/円だけでなく、ユーロ/米ドルなどストレートと言われる通貨ペアで取引を行うので、各種通貨ペアの狭い会社を選択するのが良い方法です。

スプレッド


掲載情報については古い可能性がありますので、必ず最終的な確認については公式サイト内で行う様にして下さい。


アドセンス広告